MCTオイルとココナッツオイルを比較!

MCTオイルとココナッツオイルの違いは?

olive-oil-356102_1280

「MCTオイル」とリサーチしてみると必ず出てくるのが「ココナッツオイル」というキーワード。MCTオイルよりもココナッツオイルのほうが聞きなれているという人もいるかもしれませんね。
ではMCTオイルとココナッツオイルはどのような違いがあるのでしょうか。
MCTオイルとココナッツオイルの違いを徹底比較してみました♪
MCTオイルを一躍有名にした完全無欠コーヒーの効果をもとに考えてみたいと思います。

成分の違いを徹底比較!

MCTオイルが注目されている理由はオリーブオイルなど、一般的な油よりも組織が短い「中鎖脂肪酸」で構成されているからです。
中鎖脂肪酸は水に溶けやすいので身体に吸収されやすく分解もしやすい! そのため脂肪になりにくいんです。
MCTオイルの中鎖脂肪酸の含有量は100%。
ココナッツオイルの中鎖脂肪酸の含有量は商品にもよりますが、一般的に約60%。
またココナッツオイルには中鎖脂肪酸だけでなく、一般的な油を構成している長鎖脂肪酸も含まれているので効果は変わってきます。

期待できる効果を徹底比較!

MCTオイルとココナッツオイルの両方に中鎖脂肪酸は含まれていますが、それぞれに含まれる中鎖脂肪酸の種類が違います。
MCTオイルにはカプリル酸。
ココナッツオイルにはラウリン酸。
MCTオイルに含まれるカプリル酸は脂肪燃焼効果がとくに期待できると言われています。ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は抗菌作用・免疫力の効果が期待できます。
つまり脂肪燃焼をしたいと思っている人はMCTオイル、脂肪燃焼よりも健康維持に力を入れたい人はココナッツオイルがおすすめということになりますね。

香り・味を徹底比較!

MCTオイルとココナッツオイルの違いは香り・味にもあります。
ココナッツオイルは名前のとおりココナッツの香りがするので、その香りが好きじゃないという方にはおすすめできません。また香りが料理の味を邪魔してしまうと感じる人は使う料理にも気を使うかもしれませんね。
一方MCTオイルは基本的に無味無臭。そのためどのような料理にかけても気になることはありません。香りや味に敏感な方にもおすすめですね。

まとめ

MCTオイルとココナッツオイルの違いを徹底比較しました。同じようなオイルでも効果・成分・使いやすさなどが大きく異なるんですね。
MCTオイルとココナッツオイルどちらを選ぶか迷ったときにはぜひ参考にしてみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする