【MCTオイル】日本製・海外製のメリットとデメリット

MCTオイル 国内製・海外製のメリットとデメリット

fae49183e0c5e1edd57413c7d6796887

ダイエット効果が期待できると評判になっているMCTオイルは、国内製と海外製のものがあります。
MCTオイルを購入するときに国内製と海外製どちらがいいのかな……と迷うこともあるかもしれませんね。
そんなときのために国内・海外製MCTオイルのメリットデメリットをまとめました!

日本製MCTオイル

メリット

■複数の種類の中鎖脂肪酸が含まれていることが多い
■ガラスやペットボトルの容器に入っていることが多いため、衝撃を受けても割れにくい

デメリット

■容器がしっかりしている分、廃棄するのに手間がかかる可能性がある
■容器などにお金をかけているぶん、少し値段が高い

海外製MCTオイル

メリット

■若干国内製よりも価格が安くコスパが良い商品がある
■分量が少し多めの商品が多い

デメリット

■あまりスーパーなどで取り扱っていない
■注ぎ口など独特な形をしている場合が多く分量調節が難しい

まとめ

注目を集めているMCTオイルは今いろいろな種類が発売されています。日本製・海外製にはそれぞれメリット・デメリットがあるので比較してみてくださいね。
両方使ってみると自分に合ったものが見つかりやすいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする